クラスで人気の先生になるハンコ

Delicious にシェア
Pocket

大人と子供の境界線

教職員は大変な仕事です。

小中高とあり、どれが大変かを考えると甲乙つけがたいものがあります。

例えば、高校教師であった場合、うっかり教え子とできてしまい社会的に制裁されたり。

「うっかり」ではなく「思いっきりだろ」という世間のツッコミも入り棒で人生を棒に振りかねません。

かといって思春期の中学教師も楽なわけではありません。

何を考えているかわからないからです。

達観した体で諭しても、「うるせえ!」の一言が返ってくるだけです。

そして、小学校。

いくら子供の目線まで下がっていっても、そこには大きな隔たりがあります。

それは「大人」と「子供」です。

よく「教職員はお山の大将だ」と喩えられます。

理由は、校舎という密閉された空間の中で仕事に従事すること、また、相手が教えを乞うため「自分が一番偉いのだ」と勘違いしてしまうからです。

これは個人差があれど大体三年くらい勤務していると生じる「痛い先生」のモデルケースなのだとか。

そこで、大人と子供の境界線を打破する案を考えましょう。

そう、素敵なアイテムがあります。

それを使えばいいのです。

ハンコがもたらすインパクト

ハンコと聞くと、とてもありふれたものに思えますが、練りに練った一言よりも答案用紙に「よくできました!」という花丸スタンプとしてキュートでエキセントリックなハンコを使うことで、それはもう大人と子供だけではありません。

言語という壁すら崩壊させます。

そこで、先生にピッタリなハンコですが、アニメのキャラクターなどは著作権侵害にあたりますので、ゆるキャラ的なイラストを描いてそれをハンコのモチーフにしましょう。

おそらく、そのハンコを押された子供達は「僕の先生はファンキー!」と大喜びするはずです。

そのようなわけで、さあ、一刻も早くキュートでエキセントリックなオリジナルハンコを作ってみましょう!

絶対に後悔はさせません!

Delicious にシェア
Pocket