ハンコは僕たちにとってとても身近な存在

Delicious にシェア
Pocket

量販からオーダーメイドまで色々ある

ハンコはとても身近な存在です。

ネットショップで買い物をして商品が届きます。

そのとき、認め印を押すわけですが、それように玄関に近いところに浸透印を用意しているという人もいるでしょう。

また、会社の管理簿などのチェック欄にサインする場所があります。

いちいちサインしていては仕事が滞留してしまうので、そこで活躍するのもハンコです。

また、権利関係の相続や譲渡などは市役所に届け出ている実印でを捺印しなくてはなりません。

これほど活躍の場があると、その種類も様々です。

例えば、よくある名字は100円ショップなどであらかじめ彫られたハンコが売られています。

一般的な印鑑専門店も、よくある名字はストックしていたり、機械ですぐ作成するように準備しています。

いわゆる量販型です。

逆に、あまりない名字、もしくは実印として使うものの場合、オーダーメイドになります。

特に後者の場合、銀行の口座管理などで詐欺被害に遭わないよう、世界で二つと無いものを作らなくてはなりません。

そんなオーダーメイドのハンコを作る際、どういったことを事前にチェックすればいいのでしょうか?

用途と書体・サイズを必ず申告

ハンコ屋さんもプロとはいえ、「あなたにぴったりなハンコを彫りましょう」と顔を見ただけでは判断できません。

事前にいくつか注文しなくてはなりません。

まず、用途です。

認め印に使うのか?

記念品に使うのか?

次に書体です。

旧漢字が戸籍上正しいという人もいます。

そういった人は、書体と漢字についても申告しなくてはなりません。

そして、サイズです。

これも用途に依存しますが、目的によって大きさや形が様々です。

セレブの実印が記念スタンプのような四角いものだったりするのは、自己顕示欲を満たすだけでなく、うなるほどの大金を管理したり、超高級な別荘を悪者から守るためでもあります。

こう考えると、ハンコにはロマンがありますね。

Delicious にシェア
Pocket